写るんです 撮影のコツとポイント



手軽に“フィルム感”が出せるのが魅力。デジタルとは違った懐かしさがあるお洒落な写真を撮影できます。

しかし「写ルンです」は、やり直しがきかない。失敗しない撮影のコツを紹介します。



【1】撮影距離は1〜2mがベスト

写ルンですで写真を撮る時は、撮影距離を1〜2mがベスト。ブレずに素敵な写真が撮れます!それより近いとピントがあいません。

【2】明るさが不安ならストロボをたく

日中昼間に撮るのがおすすめ

室内ではストロボ(フラッシュ)を上手に使う。

影に気が付いたら、明るい場所でもストロボをたくと綺麗な写真に仕上がります。

ストロボをたく際には被写体から1~2mで撮る、離れすぎていると写真が真っ暗なんてこともあります。

【3】両手でカメラを包むようにしてシャッターを切る。

「写ルンです」は一眼カメラと比べてもかなり軽いカメラ。そのため片手で撮影すると手ブレしてしまうこともあります。両手で包むようにしてシャッターを切ってみましょう。

【4】指でレンズが隠れないように確認

ファインダーと実際に撮影するレンズは別の場所なので、指を出してシャッターを切ってしまう人がいます。撮影前にレンズの場所を確認し、指が入らないようにしてください。

【5】写ルンです400(ISO400)通常撮影に最適。日中など明るい時間帯に人や風景を撮るのに十分です。室内はストロボが必要です。

4回の閲覧
  • Facebook ブラックアイコン
  • Twitter ブラックアイコン
  • Printerest ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン

© 2023 by Emilia Carter. Wix.comを使って作成されました